イングリッシュマフィン

f0012338_12321542.jpg

馬嶋屋で新調した セルクルを使って、イングリッシュマフィン。
配合と、生地量の調整をかねて焼いてみました。

このくらい厚みがあったほうが、サンドもしやすい!
ちょっと大きいかな?っと思ったけれど、
ハムの直径と大体同じくらいだしね。

生地は、ちょっと甘めに感じた。まだ調整が必要。
シンプルな味わいのほうが、挟んだ野菜やチーズの風味が引き立つのね。
あと、マフィンみたいな柔らかいパンだと
きゅうりなど、歯ごたえのある野菜と合わせて、食感にアクセントをつけると
飽きずに食べられるかな。
こういう、具材との相性もいろいろ試してみたい。
焼きめをつけてからサンドするのも、イングリッシュマフィンのポイント!

f0012338_12322281.jpg
f0012338_12323078.jpg

最近ハマってるもののひとつ、油揚げ。
厚みがあってジューシーなのがいい!
平野由希子さんの「しょうが風味のきつねごはん」
ルクでふっくら炊いたごはんに、甘く煮つけたお揚げをのっけて。
ぴりっとした生姜味がやみつきです。

f0012338_12324261.jpg

[PR]
by assam-milk | 2009-06-09 16:59 | ごはん
<< カンパーニュ バゲット >>