パン教室 

f0012338_14305371.jpg

パン教室の提出課題、ブレッチェン。
↑成形後、ひっくり返して、布どりして自然発酵。
モルトエキスの効果なのか、発酵の進みが早く、ちょっとあわてました。
上新粉をつけた生地は、表面ぱりっと、中はふっくらと。
底面の焼き色なんかもいいかんじ~♪なんて
ドキドキしつつも、先生に提出してきました。
f0012338_1431048.jpg

f0012338_14314582.jpg

師範科3回目は、ブリオッシュ・オランデーズと、プチクッペ。
教室のFPを使っての生地作り、生地温の調節などの復習でした。
そして、生地の丸め方。
教室では、手のひらの上でクルクルと丸めつつ、ガスを抜いて
生地を締めていくのだけど
わたし、これがすっごく苦手で...
先生にやってもらうと、生地が見違えるように綺麗になっていくので
ほんと、がっくりしちゃいます><

提出課題も、先生の厳しいチェックが入りました。
断面を見ただけで、先生にはなんでもお見通し!
わたしのは、生地に色ムラがあって、これは油脂が混ざりきっていないからだと。
あと、丸めの時の力加減が均一でないため
気泡の入り具合にもムラがあるし、詰まったとことそうでないとこがあると。
はあ、本当に、勉強になります、、
パンがだいすきで、今までもたくさん焼いてきたつもりだったけれど
一体それがなんだったのか?なんて思ったり...
やっぱり、見るひとが見れば、それがどんなパンなのかは一目瞭然なんでしょうね。

見た目のきれいさや、仕上がりの良さなんかも大事かもしれないけど
いちばん重要なのは、生地にとって最適な状態を作ってあげること。
教室のレシピどおりには もちろんいかないこともあるでしょうが
毎日のパン作りの中で、心がけていきたいなと感じたのでした。

f0012338_14321624.jpg


まだまだ分からないことが、知らなくちゃいけないことが、たくさんある!
パン作り、ほんとうに奥が深いです。
10年やってもまだまだ、だめだって^^;

そうそう、ブリオッシュのトッピングは、卵白と砂糖、アーモンドで作った
チュイルのようなもの。
甘くてさくっとしてて、とってもおいしかった。これは是非まねしよーっと。





参加しています。よろしければ応援クリックお願いします♪


[PR]
by assam-milk | 2009-09-13 14:59 | パン
<< いろいろ ミルクハースの会 >>