ナディハウス*初級1

週末は、「ホシノ天然酵母」のお教室、
ナディハウス初級一回目の日でした。
なんだか 色んな事がありすぎて、頭の中が飽和状態(笑)
でもとにかく、行ってよかった!
今この時に、通いだしてみてよかった。。

今日のメニューは、
くるみパン
黒糖くるみパン
コーンと卵、レタスのスープ


最初に、用意してあった発酵ずみの生地を分割。
パンマットを使ってのガス抜き。
丸め方。ベンチタイムのとりかた。
勝手の違うことばかりで、汗だくになりつつ^^;

二次発酵の時間も、1.5hとかなりゆっくりとるので
このあいだに、持ち帰り用の生地を捏ねます。
粉は、はるゆたかブレンドと春よ恋のミックスが基本だそうです。
計量のしかたはもちろん、捏ねかたも、これまたびっくり。
ああ、もう、目からうろこが落ち過ぎて・・・笑
f0012338_6361437.jpg

くるみパンのまんまる生地。
発酵後は、横にだれた感じだったけれど
焼くといっきに、ぷーっと膨れる!
成形のしかたによって、横が裂けてしまったり。いびつになってしまったり。
これは、習っていくにつれてうまくなるそう・・・

エンゼル型に入れたのは、黒糖くるみパン。
シンプルな生地に、くるみと、ナチュラルな黒糖(喜界島産)をたっぷり包んで。
黒糖を試食させてもらったら、ラム酒の風味が☆
お砂糖じたいが、発酵しているからなんですって。
口どけもよくて、甘いんだけど後味がすごくよかった。

焼きたてをちぎると、中から じゅわぁぁ~、っと!
パン生地にしみこんだ黒糖って、初めて。
もうこれ、おいしすぎる!!と、皆で感激の嵐。
生地がリッチじゃないところが、またいいんだよねと。
もちろん冷めてからもすごくて、黒糖の「しゃりっ」と感が
またいいアクセントになって。一度で二度おいしいって、このこと。
f0012338_6362169.jpg

おたのしみの試食タイム。
カルピスバターをのせて食べるくるみパンは、
皮がとにかく、香ばしい。
香りがとっても強いと感じました。
中は、お米のようにきらきらしていて、ふわふわのもちもち!
やさしい味のスープには、レタスがまるごと1個入ってるんだそう。
試食といえど、たーっぷりいただいてきました。
とろとろなスープに、レタスのシャキシャキがとってもよく合う^^
まねさせていただきます(笑)
ナディハウスでは、ナチュラルクッキング教室も開催してるそうで、こちらも興味があります。
そうそう、紅茶もとってもおいしかった!
f0012338_6362856.jpg




参加しています。よろしければ応援クリックお願いします♪










こちらに記録がわりに。

申しこんだ時には、お教室がもう満員で、新規募集をしばらくやめるという状態。
それでもなんとか、とお願いし、無理やり?土日午後クラスの一席に
割りこませて頂いたのです。
だけど、終わりの時間を考えると(18時半)、ものすごく不安いっぱいで。
長男を産んで以来、夜にひとりで出歩くことなんて無くなっていて
もちろん、お友達との飲み会なんかも行かない生活でした。

だけど、諦めなくてほんとによかった。
何事も、まずやってみないと始まらない、
諦めてしまったらもうそこで、おしまいだもんね。
ちょうど、同い年の子供たちをもつ、わたしと同年齢のママさんもいらしてて
これも、ほんとうに偶然とは思えない感じ☆
夕食用意して、パパにお風呂に入れてもらって。
同じだよねー!と(笑)
もちろん、家族の理解は必要不可欠で、
夫にも、教室で習うことの大切さを訴え、なんとか了承してもらえてよかった。
帰り道、きらきらのネオンの中を、みんなできゃーきゃー言いながら歩くのも
ほんとに、楽しかった。
これからのお教室、得るものが本当に多そうで、とてもとても、わくわくしています。

記録ついでに、もうひとつ。
今まで、何冊も本を読み漁ってやってきた、ホシノでのパン作り。
だけど、本によって。生種の作り方から、配合から、発酵の見極め、成形、仕上げ発酵の時間・・・
すべてまちまちで。
どれを信じたらいいのか、分からなくなっている状態。
おいしいパンを作りたいという思いの反面、
発酵が日によって不安定なのがいちばん、悩みの種でした。
酵母は生き物だから。と思いつつも、この状態を4年続けてみて。
信頼できる先生に師事し、いちから酵母の扱い方を見つめなおすことが
今のわたしには必要なことなのだ、と、改めて感じたのです。

ちょうど、ホームメイド協会師範科修了と重なり、これからの進路について悩む時期で。
だけど、道って、悩んでいれば、自然と開けていくものなんだな・・・と、
人生の不思議?(そんな大げさなものじゃないかな)を感じているところです。

ナディハウスの祐生先生は、とっても気さくで、頼りがいのあるオーラをもつ方。
ご自分の教室のほか、カルチャー講座を幾つも持って活動されているそうです。
初回なのに、思い切って、ホシノについての悩みを打ち明けてみると
ものすごーく明快なお答えをいただき、あー。やっぱりそうなのね、と(笑)
文句なしに、このかたについていきたい、と思いました。

いままでの作り方はいったん、捨て、いちからホシノと向き合って、仲良くなって、
新しい発見をたくさん、していきたい。
もっともっとおいしいパンを焼けるように、頑張る!!
[PR]
by assam-milk | 2009-11-02 06:52 | パン
<< 心新たに、プチパン クロワッサン >>