ナディハウス*初級4

ナディハウス初級4回目、セサミクリームパンとセサミブロ-トヒェンを習ってきました。

ホシノの中種生地は、いつもよりももっちりした感じ。
黒ごま入りのせいか、扱いやすかった。
濡らした生地に白ゴマをつけたら、なんだか中華菓子みたい!
二次発酵前に、ハサミで切り込みを入れます。
これも、どうしてそうするのか・・・ちゃんと理由があることに納得。
生地の丸めの状態により、切り込みの深さも調節しながら・・・
仕上がりをイメージしながらの作業、工夫することも大事だなと
改めて感じたのでした。

f0012338_1445577.jpg

セサミクリームは、黒糖と豆乳でつくるあっさり優しいお味。
白ごまペーストを入れて練り上げると、こんなキャラメル色に。
クリームがはみ出さないように苦労しつつ成形。
切り込みを入れるタイプと、茶巾包みで四角いタイプ。
f0012338_14461390.jpg

二次発酵後のブロートヒェン。
焼成前に切り込みを入れるよりも、クープが模様のように出ます。
f0012338_14462427.jpg

そして今日のメイン!中種生地の仕込み。
これでもかー!ってくらい(笑)発酵させた中種(水種)を使います。
オートリーズを取りつつ捏ねると、すぐに伸びがよくなる。
kona salonの作り方とは全くちがうので
かなり戸惑ったけど・・・
「百聞は一見にしかず」!! これにつきますね。
ナディハウスにいくといつも感じます。
材料はほぼ同じでも、発酵のさせ加減によって
こんなにも違ったパンになってしまうなんて、、
たくさんの情報を知ることで、得ることも多いけれど
それに振り回されてしまったらダメだと思う。
自分の目で見て、感じたことを、信じて大事にしていきたい。
先生のおっしゃった、
「○○さん(わたし)流のパン作りを開発していっていいんだよ!」
というお言葉にとっても励まされました。
これ!っていう正解がないからこそ、パン作りって楽しくて
ハマっちゃうんですよね^^
f0012338_14465373.jpg
f0012338_1447265.jpg

ブロッコリーのミモザサラダ。
たまねぎと、バルサミコのドレッシングがまた美味~☆
お茶をいただきながら、志賀シェフのお話しや
微量イースト、オーブンについて・・・など、パン話は尽きません!
毎回、ホシノへの新しい発見もあり、
また新鮮な気持ちでパンに向き合えるのです。

ナディハウスの生徒様、
このブログを見てくださってるかたも多数おられるそうで
なんだかとっても気恥ずかしいのですが。
これを機に、情報交換などさせてもらえたら嬉しく思います^^
良かったらコメント残していってくださいませね~~☆
f0012338_14471542.jpg




参加しています。よろしければ応援クリックお願いします♪


[PR]
by assam-milk | 2010-02-02 14:41 | パン
<< green notes*2月 アルフィのまほうびん >>