志賀シェフ講習会レポ

f0012338_15575349.jpg

春から待ち望んでいた大イベント、
ナディハウス主催の、シニフィアン・シニフィエ志賀勝栄シェフ講習会に参加してきました。
志賀先生といえば、長時間発酵のパンというイメージ。
前日からの仕込みも見学できたのですが、わたしは二日目からの参加。
バラエティに富んだパンたちを、時間差でどんどん作っていくので
メモも取りたいし、写真も、あぁ~動画のほうがいいっ!!と、
ペンとデジカメ、ケータイを常に握りしめてアタフタしてました(笑)

f0012338_15583756.jpg
f0012338_15584477.jpg
f0012338_15585369.jpg

前日仕込みの、バゲットドゥジュール。
分割、成形、そしてクープ入れ!
こんなに動画を撮ったのってはじめてかも^^;
写真や、本で見るのじゃ分からない「こういう感じ」っていうのが
イメージで掴めたかな。
とにかく、クープ入れの早さに驚き!
ごくごく浅く、スッスッと次々に入れてってしまうので
動きについていけないくらいでした。
f0012338_1559659.jpg

ランチに試食させてもらったら、とにかくすごくてー。
噛みしめるごとに香りとうまみが出てきて、いつまでもモグモグしてたいくらい。
イーストだけなのにどうして???

成形では、参加者ほとんどがデモに参加しました。
これは、チャバタの生地づくり。
水と粉を少しずつ崩しながら混ぜて、トロトロにしながら。
ちぎりながら捏ねるのは、グルテンを出さずに生地をまとめていくからだそう。
ゆるゆるの状態も、3回パンチを入れるとコシがついてきます。
f0012338_1633637.jpg

打ち粉どっさり(笑)、お餅か?と思うくらい^^;
切り口にも粉をまぶして、分割したら、すぐにクープを入れて焼きます。
皮がソフトで、もっちりとした食感でした。
f0012338_166370.jpg


f0012338_1634426.jpg


と、、駆け足でのレポになりましたが。

今回のメニューは
バゲットドゥジュール
チャバタ
ドイチェヴァイスハイト(セレアルミックス入り)
キャトルヴァン(あまに・白ゴマ)
パンオセーグル
クロマメ(かぼちゃ、黒豆)
ガトーショコラ
でした。
午前中に少量イースト生地、午後にルヴァンをやったのですが
わたしは時間の都合で、途中退席。
10時スタートで、終わったのが17時ちかくだったそうで
ほんとうに一日がかりの、充実した講習会でした。
志賀先生は、とても気さくで物腰の柔らかい方、
緊張ぎみのわたしたちをフォローすべく、色々と気遣ってくださり
おかげで、和気あいあいとした雰囲気での実習ができました。
ナディハウスの祐生先生、スタッフの方々、ランチもとっても美味しかったです。
また来年もよろしくお願いします☆
この講習会で得たものを、今後のパンに少しでも生かしていければいいな。

Nかのさん、パン届けてくださってありがとう!!

f0012338_684860.jpg



参加しています。よろしければ応援クリックお願いします♪


[PR]
by assam-milk | 2010-06-23 06:13 | その他
<< 仙台スイーツ&パン 週末アレコレ* >>