渋皮煮2011

f0012338_1617015.jpg

11・12月のレシピ試作。
ふんわり系のコンプレ(全粒粉パン)、は何となく固まったものの
成形をどうするか・・・
HM協会で習った、三日月もかわいいんだけど、
大きくどーんと焼いたほうが、ふんわり感が出せそうだし
編み込みパンはまだプレッツェル成形しか紹介していないし・・・
とかいろいろ悩んでいます。
しかし!編み編みは本当~に苦手です。。こんな単純編みでも。
あれ?こっちだっけ?あっちだっけ?って^^;
編み方の強弱でも発酵に差が出てくるし、難しいです。
f0012338_1617627.jpg

PEN買ってもうすぐ1年経ちます。もうそんなに!?って。
ここ最近はすっかり、あれこれいじることも無くなってしまったのですが
被写体によって、光の入り方も全然違うし
きちんと撮るには、微調整は必須だよなと・・。当たり前なことですが。

どの部分を切り取って、強調させたいのか。
見る人にどこを感じてもらいたいのか。
撮る人の意識によって変わるんですもんね。
全然分かりませんが、写真、奥が深い!
もうちょっと頑張りたいなあ。
f0012338_16172795.jpg

これは、ホシノのカンパ生地で。
いつもより、よーく捏ねて、ソフトにしたかったのに
焼きすぎた・・・。
大変香ばしかったです(笑)
f0012338_16173751.jpg
f0012338_16174549.jpg

この連休は、法事があったり、おじいちゃんおばあちゃんがお泊まりに来てくれたりと
子どもたちも楽しい(法事とはいえ、、)イベントだったようです。
茨城のお土産で、ぶどうと、大きな栗!!を3kgも持ってきてくれたので
その日のうちに、気合いを入れて剥きましたよ。
何年ぶりかに栗くり坊主を発掘した(笑)まだ使えた!
渋皮、けっこう傷つけてしまったものも多かったんだけど
ほとんど煮崩れることなく、きれいに仕上がった・・・と、思う。
やっぱり大きい栗だと作業もしやすいですね。
渋で手がガサガサになろうが、鍋が変色しようが、
できあがった達成感はひとしおです。
こーーーんなに手間ひまかかるんだもの、市販ものが高価なのも
仕方ないなといつも思います。
今週は、学校が秋休みで、前半のレッスンもお休みだったので
タイミング的にもちょうど良かった^^
たっくさんできたので、小分けして、とりあえず冷凍。
我が家の冷凍庫は今、バターと栗が幅を利かせています。
f0012338_16175269.jpg


参加しています。よろしければポチっと応援クリックお願いします♪


[PR]
by assam-milk | 2011-10-11 16:37 | ジャム・保存食
<< ナディハウス 研究科1-3 チョコレートケーキなど >>