キッチンエイドの会

f0012338_16321533.jpg

ナディ友3人組の企画で、
3種類の機械を使って捏ねた生地を比較しよう!という
とってもパンヲタな会に参加してきました(笑)

kanoさん宅にて、ちょこさん、ranちゃん、
そしてナディつながりで、satonisikiさん、私。
satoさんとは初対面だったにもかかわらず、
パンという共通点の前には無問題☆
広いキッチンで、5人でワイワイと楽しく作業できました^^

ニーダー、キッチンエイド、メランジュールロボ(以下・マキコ)
を使い、同じレシピで捏ねスタート。カルチャー講座の先生レシピのコッペパンです。
フックを使って捏ねるのと、下から捏ねるのと、
羽根の動きが全然ちがうわけで・・・
生地への水の入り具合、水和のしかたがもう全然違うのではないかと。
基本、エイドと、マキコなんて作りは同じようなのに、
マキコの生地が一番捏ね上がりが早かった。
ナディのロボコンの生地と同じ感じでした。みよーんと伸びる、絶対手捏ねでは出せない柔らかさ。

エイドは、satoさんも仰ってたけど、捏ねあがりの見極めが難しいみたい。
いつまでたっても、生地がだれていて、表面がつるっとしてこないので、ついつい捏ねたくなる・・・
でも、もうこれ以上はダメ!って。 どこで判断するの??
でも、その柔らかい生地もちょっと鍛えてやれば、すぐにつるりんと落ち着く。
不思議です!!

ニーダーが一番捏ね時間が長くて、やっぱり生地温度も2度以上上がってしまってた。
加水は同じなのに、締まった感じの生地なんだよね・・・

上から練り込むように水を入れるのと、
転がすように水を入れるのと、
そこの違いなのかなあ。
レシピが同じでも、全然違う生地に仕上がるのが本当に面白かったです。
というかとりあえず、上羽根のが欲しい・・・
マキコの、作業中のあのがたつきさえ改善されればなぁ。。

f0012338_1632246.jpg

カルチャー講座では、自家製酵母も習っているそう。
kanoさんがいちご酵母生地を、ranちゃんがマンゴー生地をそれぞれ
発酵させてきてくれたので、分割から作業。
ストレート酵母液と、酵母にした、実まで練り込んであるので、
それはそれは個性の出たパンに!
しっとり感をアップさせようか、と、蓋をして焼いてみることに。
f0012338_1632493.jpg

私も液種をすこしもらってきました。
種継ぎで粉を使わないでいいのは、気楽かもね。使いきりと思って。
f0012338_1633996.jpg

作業の合間にランチ。 焼いたパンで~っていうのは無理でしたね(笑)
でもsatoさんの白パンや、キッシュや、私もラタトゥイユやサラダを作ったので
かなりお腹いっぱい☆
f0012338_1634924.jpg
f0012338_16342214.jpg

怒涛のように一気に焼き上がってきました。
ガスオーブンに、二段の電気オーブンフル稼働!
コッペパンもたっくさん焼けました。
角食は、ミルキーな配合だったせいもあり、皮も柔らかくしっとり。
マンゴーはミルク風味が特に合うようです。
そして、山食のほうがぐぐーんと伸びて、軽さもあり、
角もおいしいけど私は山のほうがいいかな。
レシピもらったので、焼いてみます。
f0012338_1635697.jpg

断面比較。
どれもふわふわですが、わずかに違いが??
ニーダーが一番、目がつまっているというか、きめが細かい。
エイドは、やはり生地が柔らかかったせいなのか、特に空気がたっぷり入っている感じがします。
ニーダーは水も増やしたほうがいいのかな~。。
考えるとドツボにはまりそうで、もう頭の中が飽和状態でアップアップしてますが(笑)

とにかく、どれもおいしかった!これに尽きる!
パン好きが集まって、ワイワイとパンを焼く・・・
なんて幸せなひとときでしょうか。
6時間近くかかったけど、ほんとにあっという間でしたね。

satoさんからは、ほんとにサプライズなプレゼントを頂いちゃって
宝の持ち腐れにならないようにしなくちゃと。。
とりあえずバゲット、頑張ります!
皆さん、また是非誘ってくださいねー^^

f0012338_16352115.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-03-23 07:58 | パン
<< 自家製酵母 ナディハウス 研究課2-3 >>