無花果酵母

f0012338_13373641.jpg

レッスン試作のレーズンシュガー。
軽さと歯切れのよさをUPさせて、これで配合もOK!
Safのセミドライイーストを初めて使いました(買ってからしばらく経つ、、)
ふわふわな焼き上がり、発酵時間も問題なく。

生徒さまへ、
レッスン日のご案内は、4月中旬ごろを予定しています。
またgreennotesに是非遊びにいらしてくださいねー。


f0012338_13374350.jpg

マンゴー、いちごに続き、ドライの無花果で酵母起こし。
やはりドライフルーツのほうが発酵は安定しているのかな。
フレッシュだと、個体差によってブレが出るよね・・・でもそれが醍醐味?笑

出しがらフルーツも一緒に練り込み。
(先生のマンゴー食パンのレシピ)
ほんとに発酵が早くて、翌朝、ちょーっと発酵イきすぎたような(汗)
銅板で焼いたんだけど、やっぱりクープが固まってしまった。。
でも、皮がとにかくおいしい!!
ホシノとはまた違った香ばしさです。
クラムはもちもちで、味が濃いし、大満足。

二番ダシ(笑)をもう一度発酵させて、またカンパ。
これは油脂なしで。
さすがに、ダシも出切ってしまってスカスカだったけど、また練り込んじゃった。

継ぎ足しして育てていけたら一番だけど、
ホシノもろくに使えていないし、これ以上プレッシャー要素があると困るのも本音。
気が向いた時に起こして、ストレートで楽しむのが
今の自分には合っているみたいです。

f0012338_13374825.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-04-07 13:51 | パン
<< ナディハウス 研究課2-4 マンゴーバゲットなど >>