ルヴァン・ドゥ・ショコラ

f0012338_14524737.jpg
「天然酵母でつくるお菓子」参照。丹沢酵母使用。
材料も型も、とりあえず手持ちのもので間に合わせました。
グロゼイユジャムは、ミックスベリーのジャムで。とよ型は、細パウンド型で。
チョコがたっぷりの生地ですが、干しあんずやベリーのジャムが入って甘酸っぱく、爽やか。
見た目よりもくどくなく食べられます。

f0012338_145766.jpg

くるみもたーっぷり入ってます。
レシピの半量で作ったけど、これでも多かったかも^^;
パンのような、お菓子のような、不思議な手順なのも作ってて新鮮でした。
とにかく、BP使用のケーキとは全く違う食感なんです。
口溶けがよくて、ほわっと柔らかく・・・香りもいいし、複雑な味わいのお菓子。
普通に作るよりも時間かかるし、手間も多いけれど、作業を一時中断できるので・・・ホシノのパンと同じように考えれば気楽に取り掛かれるかな。すぐに食べたい時には無理ですけどね^^;
一昨日仕込んだスコーン、おあずけ状態です・・・夕方焼いちゃおうかな・・・

1本(ストライプのほう)は、まるごと包んでお使い物にしました。
[PR]
by assam-milk | 2006-06-04 15:10 | スイーツ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://assammilk.exblog.jp/tb/2400752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hoco2 at 2006-06-04 17:09
こんにちは~
ホシノ酵母でこんなすてきなお菓子が焼けちゃうんですね!
チョコレートに杏やジャムの甘酸っぱさって合いますよね。
おいしそう~。
お写真からくるみのたっぷり感が伝わってきます!
これでレシピの半量なんですね。
なんてすてきなお菓子なんでしょうか(くるみ好きなもので^^)

スコーン、私もいちご酵母で焼きましたが
あれって待っておくの辛いですよね^^;
どんな感じに焼きあがるのでしょう。
とっても楽しみです^^
Commented by らんぜ at 2006-06-05 01:58 x
ホシノで作ると違うんですね!いつか作ってみたいです^^
干しアンズやくるみもたっぷりなんですね♪コーヒーと一緒に食べたいです~^^
今日もパンを作ることができなかったし、また週末までおあずけです^^;
Commented by みんみん at 2006-06-05 05:30 x
おはようございます♪
おいしそぉ~☆
何より手順が気になる私です^^;
お菓子作りよりもパン作りに近いんですか?
酵母は起こしたことがないので、ちんぷんかんぷんです。
興味はあるんですけど、難しそう(>_<)
Commented by MurasakiTulip at 2006-06-05 09:12 x
酵母でお菓子が作れるんですね。
見ているとふわふわパンの様に口当たりが優しそうです。
スコーンも楽しみ♪
私も酵母は興味があるのですが、まだまだ無理そう(^_^;)。
早く酵母でパンも焼ける様になりたいわ~。
Commented by assam-milk at 2006-06-05 15:42
■hocoさん
そうそう!チョコに柑橘とか、甘酸っぱいのを合わせるって、爽やかになっておいしいですよね。
くるみはパンにお菓子にも入れるの大好きです^^
スコーンも焼きましたよ~☆
Commented by assam-milk at 2006-06-05 15:43
■らんぜさん
紅茶と・・・ってよりは、確かにブラックのコーヒーのほうがあうお菓子かも。
子供に食べさせるという感じではなく、大人っぽいお菓子なんです。
今回アプリコットにしましたけど、オレンジピールでもまたおいしそうです。
Commented by assam-milk at 2006-06-05 15:47
■みんみんさん
生地を作ったら、8時間くらい発酵させるんですけど、お菓子の種類によって冷蔵庫で何日も寝かせたりとかもあって。
ささっと作りたい気分の時はダメ、ゆーったりのんびりと作るお菓子って感じでしょうか?
やっぱり、天然酵母をある程度使って慣れてからのほうが、とっつきやすいかな、とは思います~。
私もパン作ってなかったら絶対作れませんでした・・・^^;
Commented by assam-milk at 2006-06-05 15:50
■MurasakiTulipさん
Tulipさんはスコーンもお好きですもんね!
BPは手軽ですけど、たまにはこっちでも作って・・・と使い分けると便利だなって思います。
私がそうだったんですが、パン作りある程度やってくと、ドライイーストが物足りなくなってくる時がくると思います。
いろんな酵母がありますから、そのうちゆっくりと試されてみるのも面白いですね!
<< 黒米リュスティック スコーン仕込み >>