レザン・レザン

f0012338_15524045.jpg
1週間近く育てていたルヴァン種、やっと出来上がりました。
出来た種を全部、リフレッシュしたら、かなりの量になっちゃって・・・^^;
でも最初はチマチマ少量で作るよりは、発酵力もつくかなと思って。
ひもでゆるくしばっていたのが、12時間冷蔵庫に入れておいてここまでパンパンに膨れました。

f0012338_1555102.jpg
ルヴァン種を使ったパンで、まず作ってみたかったのが、この「レザン・レザン」。コム・シノワのレシピで。
オートリーズでゆっくり時間をかけて、生地をつないでいきます。
パンドカンパーニュの生地に、カレンツと、ラムレーズンをたっぷり入れました。
4時間でしっかり膨れて、成形後も予想よりダレずに頑張ってくれました。
多分1~2日置いたほうがおいしくなるパンだと思うのだけど、ガマンできず味見^^;
蒸気も入れて高温で焼いたので、皮がパリー!っとして、クラムは思いのほか重くなくふんわり。ちょっと塩きつめに感じるのだけど、カンパーニュ系はこんなものかな。(ビゴさんのルセットとも同分量だったし)

f0012338_16501015.jpg

酸味もさほどなく(若いルヴァンだから?)、食べやすいカンパーニュ生地だと思いました。
種をリフレッシュしつつ、これからも楽しんで色々作っていきます~。
[PR]
by assam-milk | 2006-06-28 17:02 | パン
<< ルバーブのジャム お店のパン >>