Type K.T

f0012338_14552983.jpg

昨夜、注文していた粉が届きました。「Type K.T」。
メゾンカイザーのカイザー氏がプロデュースしたというこの粉(本当は10kg袋ですが、それの少量タイプです)、カイザーのパンに惚れ込んだ身としては、ぜひとも試してみたく・・・
さっそく、開封。封を切った途端、粉の香りにびっくり。甘くて香ばしい、まるできな粉か麦焦がしかという感じ。こんな特徴ある香りの粉、はじめて。
まずは粉の特徴を存分に味わうべく、シンプルな配合で、レーズン酵母元種のカンパーニュを。
捏ねの間も、醗酵中も、香りがずっと持続してました。
生地にハリがあって、とても扱いやすかったので、このまま焼きたかったけど・・・
一次醗酵を済ませた生地を一晩冷蔵庫に置き、今朝焼きました。
ホイロに2時間かかってしまって、出かける時間が迫ってきて焦った~^^;

f0012338_1515713.jpg

焼きあがってみると、底面積が狭く腰高で、コロンと丸くて、可愛い!
焼き色も今回は成功です~
ビシバシとはぜて、ひび割れもできました。





f0012338_15203033.jpg

カンパーニュだと皮の噛みごたえ抜群で、バタールとはまた違った味わいがありますね。
味見したら、粉のうまみが濃い!シンプルなパンにこそ使いたい粉だと感じました。ふわふわ軽いけど、もっちりしてておいしい~。
今月は、カンパーニュの練習をするつもりなので、また同じような画像が続くと思われます。

明日はこれでサンドイッチのお弁当にして持って行きます~。
[PR]
by assam-milk | 2006-07-06 15:40 | パン
<< 白ごま山食 パン・オ・ルヴァン >>