お店レポ**オーブン・ミトンカフェ

f0012338_15505889.jpg

武蔵野の 閑静な森の中に、ひっそりとそのカフェはありました。
小嶋ルミさんの「オーブン・ミトンカフェ」。
まるで、異空間に迷い込んでしまったかのような
不思議な感覚、、、。

雨があがったばかりで、むせかえるほどの緑のにおい。
みずみずしい森の空気をいっぱいに吸い込んできました。

f0012338_15513521.jpg

木の重たいドアを開けて、靴をぬいでスリッパに履き替えてからお店に入ります。
すると!! ちょうど、取材を受けられている小嶋ルミさんがー!(いきなり興奮っ)
トレードマーク?の白衣に身をつつみ、柔らかな笑顔。
じきじきに「いらっしゃいませ、こちらにどうぞ」と通してくださいました。
11時をすぎたところでしたが、カフェスペースにはすでに2組のお客さんが。
旅の恥はかきすて、とばかりに
スタッフさんに「仙台から来たんです、、小嶋先生のファンで、、」と
しどろもどろに説明。
すると、普段は、お菓子教室のほうにいらっしゃるとのことで
今日は偶然、取材があったためにカフェに見えていたのだとか。
なんという幸運♪
f0012338_1552222.jpg

スタッフさんのお声がけで、小嶋さんがテーブルまで来てくださいました。
そして、私の持参したボロボロの本にサインを。。。か、感激。。。
緊張のあまり冷や汗をかきつつ、涙ぐむあやしげな臨月妊婦(笑)
小嶋先生の卵ロール、フルーツケーキなどを作って楽しんでいること。
どれもとてもおいしいので、いつか絶対カフェに来たかったこと。
少しでも気持ちを伝えることができて、本当によかったです。
一生の思い出になりました。

おっと、、肝心のスイーツの紹介を忘れるところでした^^;
注文したのは「はけの森セット」。
名物のシュークリームと、バニラのパウンドケーキ。アールグレイのアイスティーで。
シュークリームは小ぶりですが、クリームがとにかくうまいっ。
ぽってりと濃厚なのに、不思議とあっさりしていて。シュー皮もほどよくさっくり。
バニラのケーキは、これまた驚くほどの食感。
どこまでも軽く、舌のうえでサーッと解けてしまう・・・
これがパウンドケーキ??っていうくらい。
・・・なんだか、自分のケーキ作りに自信がなくなってしまった。。


12時前になると、ママチャリでやってくる奥さん方で満席に!
きっと、定番のお茶処なんでしょうね。
ご近所にこんな素敵なカフェがあって、うらやましいな。
ランチセットも食べてみたかった。
f0012338_15524869.jpg


お土産に、焼き菓子をいろいろと。
帰って味見したのはゴマのシフォン、
ふわふわなんだけど、それでいてしっかりした口当たりで
ゴマの風味もすごくいい!
おいしーおいしーと皆で大絶賛。
パインとバナナのタルトは、サックサクでかるーいブリゼ生地。
夏らしいさっぱりした味わいで、とっても好みでした。
キフェルンや、スノーボール、フィナンシェ、バニラクッキー。
黒ゴマと生姜のケーキ。
それからグレープフルーツの自家製コンフィも!
夕食後のお茶請けとして、
みんなでちびちび・ゆっくり味わいたいと思います♪うふー♪
f0012338_15535723.jpg


パンや、お菓子が焼けなくて、ちょっと物足りない、
もどかしい気持ちでいたのですが。
里帰りしてるからこそ、こんなお店巡りもできるのであって。
すべてのことに意味があるんだよなあ、と感じます。
無駄なことなんて何ひとつなくて。
決して、回り道しているわけではないんだって。

仙台に帰ってから、また違った目線で、パン・お菓子作りに
向き合えると思うと、すごくわくわくします。
[PR]
by assam-milk | 2008-06-06 17:01 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://assammilk.exblog.jp/tb/8309027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お店レポ**プランタン銀座 お店レポ**Krispy Kr... >>