クリスマスのお菓子たち

f0012338_14412915.jpg

きむらかよさんの、キャラメルクッキー。

甘いのだけど、いい具合に塩けもきいていて
ぽりぽり・かりかり食感がやみつきになる!
今回はこの型を使いたくて、キャラメルクリームをわざわざ(笑)作りました。
いつまでたっても煮詰めぐあいの見極めが苦手で
そのせいで、クッキーも毎回微妙に味が違うんだよね^^;

このクッキーに出会ってから、型抜きするのがたのしくて
かわいい型を集めるのが趣味になりました。
とくに、とんがったかたちだと、このクッキーの味をより引き立てるみたい。
ダーラナホース。クリスマス用にと思ったけど、予想以上にかわいすぎるー。
使わないときは、飾って眺めていようと思います。
f0012338_1441386.jpg


f0012338_13563995.jpg

ホシノのシュトレン。2年ぶり。
去年はシュトレンのシの字を思い浮かべることすら、なかったのだけど。
やっぱりこの季節、作っておかねばと!
久々の作業。ドキドキしつつも、楽しんで作れました。
たっぷりのフルーツをラム酒に漬けこんで。
オレンジピールを入れるの忘れたのが悔やまれますが^^;
発酵バターとカソナードを使ったので、濃厚な香り。

いろーんなレシピがありますが、わたしのなかではシュトレンは「お菓子」。
増沢恵子先生のレシピを基本にしています。
このみっしり詰まったクッキーのような生地に、
バターがしみこんだサクほろ感がおいしいのだと・・・。
でも、いろんな味を食べ比べてみたくなりました。
フルーツの種類や、スパイスの量。家庭ごとの味なんでしょうね。

毎年のクリスマス時期に焼いて、大切な人たちにも配る。
わたしにとっても、そんな特別なお菓子になりつつあります。
f0012338_14421525.jpg

[PR]
by assam-milk | 2008-12-15 14:00 | スイーツ
<< バゲット バゲット >>