<   2006年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

黒糖きなこケーキ

「型はひとつ!大好きな焼き菓子」を、衝動買いしました!
バターケーキのアレンジレシピが満載で、創作意欲をものすごくかきたてられます。
写真も、素朴っぽくて可愛らしいです。
最近お気に入りの、和テイストのケーキもたくさん掲載されているのも、ツボでした☆
早速何か作りたくなって、「きな粉のケーキ」を、砂糖をきび砂糖でなく、黒糖にして作ってみました。
アクセントに、先日作った黒豆甘納豆を混ぜ込んでみました。
f0012338_14343888.jpg

ちょーーっと焼きすぎたかも!!?でも、もともと色黒の生地ですので(言い訳・・・)
コクがあって、素朴な味わいは、黒糖ならではですね。
きな粉も、粉と混ぜるぶんと、ペーストにして混ぜ込む分と、たっぷり入っているので、しっとり・ホロホロとした食感です。
どこか懐かしさを感じる、和菓子のようなケーキです。
香ばし系の日本茶がすごく合います!今日は、そば茶と頂きました。
これから夏になるまで、いろんなアレンジでバターケーキを作っていくのが楽しみです。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-31 14:45 | スイーツ

ライ麦とカレンズのパン

「徳永久美子のパンを楽しむ生活」の中でも、お気に入りのパンです。もう何度も焼いています。
ドライイーストを使い、生地は昨夜のうちに捏ねて、冷蔵庫で寝かせておきました。
今回は、カレンズの半量を、クランベリーにしてみました。
f0012338_15322188.jpg

クランベリーは色が可愛いし、甘酸っぱくて大好き!
すっかり冷めてから切り分けると、クラストはかみごたえがあり、中はしっとり・もっちりした感じです。
夫が、ドライフルーツが嫌いなので、このパンを作ると全部私が消費することになります。
なので、いつも少なめで作るのですが、結局すぐに食べてしまって、物足りない・・・^^;
ライ麦とドライフルーツのパンは、パン屋さんでも見かけると必ず買ってしまいます。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-30 15:38 | パン

ビスコッティ

チョコチャンクとスライスアーモンドのビスコッティです。バレンタイン用に、チョコを入れてみましたが、中に混ぜ込むものでいろんなアレンジができます。
私は朝食に食べたりもしています。ガリガリ硬~い食感がクセになります^^
ノンバターなので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。
f0012338_1629952.jpg

(20~25枚分)
材料
薄力粉 100g
BP 小さじ1
きび砂糖 大さじ2
卵 1個
牛乳 大さじ2
チョコ(チップorチャンク) 50g~
スライスアーモンド 30g
仕上げ用粉砂糖 適宜

作り方
オーブンは170度に予熱しておきます。
1.ボウルに薄力粉・BP・きび砂糖を入れ、ホイッパーでぐるぐるかきまぜる。ここにスライスアーモンド・チョコを加えてさらに混ぜる。
2.1に溶いた卵を加え、ヘラかカードで手早く混ぜ合わせる。生地の具合を見ながら牛乳を足し、少し粉っぽさが残るが、やっとひとまとめに出来るくらいの生地にする。
3.生地を天板にうつし、厚さ2cm、6cm×20cm程度のなまこ型に整える。
4.茶こしで粉砂糖をふりかけ、170度のオーブンで25分程度焼く。
5.いったん生地を取り出し、粗熱が取れたら包丁で、厚さ5~7mm程度にスライスしていく。この時一気にざくっと切るようにすると、生地が崩れにくい。
6.スライスした生地の切り口を上にして天板に並べ、150度に下げたオーブンで20分程度焼く。
7.焼き上がったらケーキクーラーの上で完全に冷まし、密閉容器に入れてしけないように保存する。


「基本のお菓子」のビスコッティのレシピをもとに、作りやすい分量・手順にアレンジしてみました。
生地の甘さはかなり控えめになっています。お好みで調節してください。
きび砂糖のほか、黒砂糖でも風味が変わって美味しいです。アレンジとして、くるみ・すりゴマなどを混ぜても香ばしくなります。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-29 16:49 | スイーツ

ミルクティーのちぎりパン

このパンは、マイレシピの中でもかなりのお気に入りです。
今日は、試作も兼ねて、12㎝のデコ型2つと、ふたごパンの成型で焼いてみました。
f0012338_12263694.jpg

生地は14分割。12㎝のは、小さめに丸めて6個・ちょっと大きめ4個で入れてみましたが、6個のほうが可愛くみえるかな~。
12㎝の場合、焼成時間は170℃で15分くらい。ふたごパンなら12分程度で焼けます。
焼きすぎると、ひらひら~っとちぎれる感じがなくなってしまうので、注意です。
f0012338_12295512.jpg
今回、パネトーネマザーを11g+ドライイースト1g使っています。
ミルクティー液は45℃とちょっと熱めに冷ましてから、予備発酵みたいにしてパネとドライイーストを念入りに溶きました。
そのおかげか、今回はちゃんとムクムクと発酵してくれました!
パネ使用の時は、3倍くらいにしっかりと膨らませたほうがいいみたい。
ただ、冷蔵庫で一晩おいたので、ミルクティーの香りがちょっと飛んでしまったかも・・・?
それでも、ふっくらと柔らかく焼き上がりました。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-28 12:37 | パン

ミルクティーのちぎりパン(レシピ)

濃く煮出したロイヤルミルクティーを仕込み水に使った、とてもふわふわ~で柔らかなちぎりパンです。
f0012338_1282678.jpg
(18cmデコ型)
材料
○ミルクティー
紅茶葉(アッサム) 大さじ3
お湯 大さじ3
牛乳 160ml
○パン生地
強力粉 250g
砂糖 40g
塩 4g
卵黄 1個
ミルクティー液 卵黄とあわせて170g
ドライイースト 4g
(パネトーネマザー 12g)
バター 30g



1.ミルクティーを作ります。小鍋に茶葉を入れ、同量のお湯で少し蒸らします。牛乳を加えて火にかけ、沸騰直前で弱火にし、そのまま3分くらい煮出します。その後蓋をして少し蒸らします。その後茶漉しで漉し、これを人肌に冷ましておく。
2.強力粉、砂糖、塩、イーストをボウルに入れ、1のミルクティーと卵黄を合わせて170gにしたものを注いで捏ねていく。10分くらいしたらバターを加えてさらに捏ねる。
3.20分くらい捏ねて、つるんとしたお餅のような生地になれば捏ねあがり。一次発酵は50分くらい。
4.一次発酵が済んだら、生地を計量し、12等分にする。今回は生地量498gでした。分割後丸めてベンチタイム10分。乾燥させないよう濡れふきんをかける。
f0012338_12171923.jpg
5.ベンチ後丸めなおし、底に紙を敷いて側面に油を塗った型に入れていく。→濡れふきんをかけ、二次発酵50分くらい。 型いっぱいになるくらいまで膨らませる。
6.二次発酵後、茶こしで強力粉をふりかけ、170度に予熱したオーブンで23分くらい焼成。途中天板を180度差し替えるとムラなく焼けます。焦げ目が付きそうなら、アルミホイルをかぶせます。
7.焼けたらすぐ型からはずして冷まします。ひらひら~とちぎれるくらい柔らかな焼き上がりなので、扱いには注意してください。冷めたら、ビニール袋に入れて乾燥しないように保管します。ふたごパンみたいな成形や、食パン型で焼いても可愛いです。
f0012338_12202285.jpg
3日経過してもふわふわで、そのままでも美味しく食べられました。温める場合は、キッチンペーパーに包んで、電子レンジで20秒くらい。フワっとミルクティーの香りが漂います。

茶葉はミルクティー・チャイ用のもの(アッサム)を使うと、より味が引き立ちます。今回はルピシアの「タラジャン」を使用しました。
ミルクティーの量が足りない場合は、牛乳を足してください。
焼成温度・時間はご家庭のオーブンの様子を見ながら調節して、柔らかく焼き上がるようにしてください。

f0012338_1231222.jpg

12cmデコ型だと、14分割(@30g位)で6個ずつ型入れ。(2個余ります)
型いっぱいまで膨らんだら、170度で20分程度焼成。
丸パンは13~15分で切り上げてください。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-28 12:22 | パン

抹茶あずきパン

f0012338_14344527.jpg
宇治抹茶と、先日作った小豆の甘納豆を混ぜ込んだちぎりパンです。
ホシノ酵母使用です。
この成型、門間みかさんの本のを真似してみました。
・・・抹茶だんごみたいです。。。
角型、最近全然使っていなかったので、パンにも活躍させなきゃ~。
テフロン加工なので、油を塗らなくてもするっと外れました。
エンゼル型はよく使うのだけど、ステンレス製なので、時によってものすごくひっついてしまって、側面がボロボロになってしまうんです。
せっかく、長い時間かけて作るパンなのに、最後の最後でこうなってしまうともう、ガックリしちゃいます。


f0012338_14372065.jpg

ちぎってみたところ。
ひとつがとても小さいので、ぱくっと口に入れやすく、食べやすいです。
市販の甘納豆を入れるよりもしつこくなく、お豆のプチプチ感も味わえました。
中は、ふっくらホワホワです♪ちぎりパンって柔らかいから、大好き。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-27 14:44 | パン

ベルギーワッフル

f0012338_16595255.jpg
cuocaから型が届いたので、早速生地を作って、焼いてみました!
明日のパンがなかったから、ちょうどよかった。
今日はドライイーストで作りました。

火加減の調整が、やっぱり難しい~!
中火~弱火で、じっくり焼くということだったけれど、すぐ焼き色が付いてしまうので慌ててしまいます。
ごくごく弱火で、時間をかけて焼いたほうが、仕上がりが綺麗になるみたいです。
f0012338_165793.jpg

手持ちの電気式と比べてみると、ワッフルの溝の深さが、全然違います!
とってもかっこよく焼けるので、嬉しいです☆買ってよかったなぁ~^^
焼きムラはどうしても出てしまうので、何度も練習しつつ、使っていきたいと思います。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-26 15:55 | スイーツ

フルーツケーキ

またまた焼いちゃいました・・・
前回のが、ちょっと膨らみに物足りなくて。
やっぱり、ラクしようと思って倍量で作ると、逆に大変かも~。
今回は分量どおりに作りました。
f0012338_1291826.jpg

干し柿は、アールグレイでなく、ティーリキュールでマリネしてから混ぜ込んでみました。
とってもいい香り!お味は、どう変わるかな。食べ比べてみるのが楽しみ。


f0012338_12105159.jpg

こちらは、このケーキを作るときに大活躍してくれている道具です。
シリコン製の柔らかいヘラは、ミニサイズで、小回りがきくので便利。
生地を流し込んで、均等にならすのはこれが一番やりやすいんです。
転化糖や、水あめを計量スプーンからこそげとる時も、柔らかくしなるので綺麗にすくうことができます。
山羊毛のハケは、毛足がとっても柔らかいので、仕上げのシロップ(たっぷりの量!)を打つのに重宝してます。
ケーキの表面を傷つけることなく、すーっと滑らかになぞることができます。
複雑な型に油脂を塗るのにも、使ってます。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-26 12:16 | スイーツ

桜おむすび

いつもお世話になっている、MrsBerryさまのレシピで、桜おむすびを作りました。
桜色の食紅もちょっぴり入れて、可愛らしくほんのり、色づけてみました。
炊いている間、桜もちのようないい香り~♪幸せです。
まさに、春を感じるおにぎりです。
f0012338_1462090.jpg

お水加減も、塩気の加減もちょうどよくて、本当に美味しい!
夕ごはん用に作りましたが、もったいないな。これを持って、お花見に行きたくなりました。
春になったらまた、作りたいと思います。
berryさん、いつも素敵なレシピをありがとうございます☆


f0012338_14121124.jpg

少し余った、桜の花を使って、桜リキュールを仕込んでみました。
cuocaでも見たのですが、かなり高級ですし、使用頻度も考えると・・・ね。
おいしくできたら、berryさんの桜パウンドケーキを作って、仕上げにシロップにして塗りたいと思っています。楽しみ~☆
[PR]
by assam-milk | 2006-01-25 14:11 | ごはん

チョコレートケーキ

安いクグロフ型を見つけたので、ついに買ってしまいました~。
まず何を焼こうかな?と思い、とりあえずバレンタインの試作をしてみることに。
f0012338_1426263.jpg

卵は共立てで作る、簡単なタイプ?のバターケーキです。
溶かしたチョコレートを50g、ココアを30g。チョコチップも30g混ぜてみました。
このクグロフ型、18cmのパウンドと同じ分量が入るということだったのだけれど。
型に入れるのが難しくて、てこずりました^^;
それと焼いている途中で、生地が膨らみすぎて、ちょっと溢れちゃった・・・!
型離れは、とってもよくて、スポンっと抜けたので気持ちよかったです☆
大きすぎず小さすぎずのちょうどいいサイズだし、簡単なバターケーキでも、可愛らしくなりますね~。
切り分けず、このままプレゼントしたい感じです。

肝心のお味は・・・うーん。おいしいけど、ちょっと想像してたのと違いました。
バターをホイップしすぎたせいで、口あたりがふんわり軽いんです。
チョコレートケーキは、やっぱり、ずっしりどっしりしたほうが好きかな!
切り分けて、ラッピングすることも考えると、このタイプよりも、ブラウニーにしたほうがいいかも。
[PR]
by assam-milk | 2006-01-24 14:36 | スイーツ