「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ボッコンチーノ

f0012338_14522710.jpg

久しぶりに焼きました。ボッコンチーノ。
イタリア語で「ひとくち」っていう意味だそうです。
ホシノ酵母で作るお菓子は、独特の風味と、ほっくりした食感、
じんわり伝わってくる美味しさがあって、すごく好き。

パンよりも発酵に気を使わなくていいのも、楽。
ある程度室温で発酵後、冷蔵庫でひと晩。
発酵しすぎると、フカフカになっちゃって、
それも美味しいのだけどね~。

しっかり焼いた香ばしい皮に、
バターとはちみつ、シナモンをからめて!
仕上げにパウダーシュガーでおめかし。
大好きなこのお菓子を、ホシノレッスンで使おうと思ってます♪
[PR]
by assam-milk | 2012-06-28 15:00 | スイーツ | Trackback | Comments(0)

オレオベーグル

f0012338_13242825.jpg

残ったオレオで、オレオ&オレンジのベーグル。
発酵をしっかりめに取って、ソフトで食べやすく仕上げた、西川シェフのレシピ。
今は、サ・マーシュのオーナーですもんね。

生地が柔らかいし、オレオが邪魔で(笑)成形もしづらいのだけど
なんて美味しいベーグル!自画自賛。
オレオがいいかんじにゼブラ模様になるとさらに良し。
クリームのところに当たるとほんと、最高に美味しいです。
f0012338_13243591.jpg


じゃがいものフォカッチャ、、
私は、もちもちしてていいかなと思って家族に出したら
「味がしない!!!」
うちのメンズ衆には不評でありました。。
やっぱ、チーズと組み合わせないとだめかー。
f0012338_13244514.jpg
f0012338_13245224.jpg

黒ゴマのプチパン@ホシノ。
プチパンもすっごく久しぶり。バターなしのシンプル配合です。
7月に、1回だけホシノのレッスンをするので・・・
初めてのことなので、ほんと緊張するんですけども
1回だけでは到底、ホシノの魅力をお伝えすることは無理!
話を広げすぎず(笑)、ダイジェストで、
難しいこと抜きでも美味しいパンが焼けるよ、
っていうのをお伝えしたいなと。
いきなり苦手意識を持たれると困るので^^;

普段、なにげなく自分がやっていることも
ひとに教えるつもりで、客観的にながめてみた時に
「あれっ?」っとなることもあったり・・・
何年やっててもこうですので(汗)
パンって難しい・・・いえいえ!奥が深いんです。
だから面白くて、抜け出せないんですよね。
f0012338_13245967.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-25 13:37 | パン | Trackback | Comments(4)

オレオ・オレンジマフィン

f0012338_1132544.jpg

さっぱりしたものが恋しい季節。
ピクルスはいつも、栗原はるみさんのレシピで。
白ワインと、白ワインビネガーの風味が上品^^


台風!あっというまに過ぎて行きました~
昨夜のうちに、小学校が3校時目スタートと分かっていたので
美容院もキャンセルしちゃった・・・。
晴れて良かったけどね。。あと1週間髪ぼさぼさかぁ。。

なんか、オットに、「その髪型飽きたな~」って言われて。
軽くショック(笑)
でもでも、オトコに言われて髪型変えるってのもシャクだ!
f0012338_1135063.jpg

イーストバゲット。
もうね、自分でも、焼くのも写真撮るのも食傷気味。
すっごいやる気のなさが出てる(笑)
このくらいが限界ですかね~・・・
f0012338_1134676.jpg
f0012338_114775.jpg

朝、時間があまったので、マフィンを焼きました。
「アフタヌーンティレシピブック」
伊藤まさこさんのスタイリングがとにかく素敵で、目で楽しむ本。
唯一、いちごのティラミスだけは、鉄板中の鉄板なわけですが
マフィンも久々に試してみたくって。

やっぱりレシピは分かりづらいな・・・。
説明が足りなすぎ。自分で分かれって感じなんでしょうか。

強力粉と薄力粉半々の配合で、
外側はカリっと、中はほっくり、ポロポロしすぎない!
昔作った時は、もっとずっしりしてたかも。
今回は軽めにふんわり仕上がって、かなり満足。
オレンジピールとオレオを砕いたのが入ってます。
この組み合わせも最高に好き。
飾りのオレオはわりと深く刺さないと、焼いてるうちに落っこちちゃうのね。

講習会の一品めはこれで決まりかな☆

f0012338_114199.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-20 11:23 | スイーツ | Trackback | Comments(6)

黒ごまおさつ

f0012338_1310486.jpg

実家から野菜便が届いたので、
ほくほくの甘いお芋を、久しぶりに蜜漬けにしました。
e-ぱん工房さんの「蜜漬けおさつ」はレンジ調理で簡単、おいしい!
彩りもきれいなので、お弁当のおかずにも。

f0012338_13111519.jpg

黒ごま生地のカンパにたっぷり混ぜ込んで。
もらったお芋をパンに変身させて、実家に送りました^^

f0012338_1311359.jpg

バゲットは最近、「フランス」で焼いてます。リスドォルより扱いやすいような・・・
これは、微量イーストで粉250g。
やっとやっと、クープが全部開いた!記念日だわ、ほんとに。。
窯入れ前の霧吹きも多くして、スチームの時間も長くしたのが功を奏した??
7月まではバゲット強化期間にします(笑)
f0012338_1311321.jpg
f0012338_13112281.jpg

マフィンなんて焼いたのもいつぶりだろー。
she knows muffinの、卵を湯煎でほわほわに泡だてるレシピ。
A.R.Iのも好きだし、生フルーツと合わせるにはA.R.Iがいいんだけど
SKMは、懐かしさのある、優しい味わいになる気がする。
最後に気づいて(遅) チョコチップを入れたけど少なかった、、

秋にまた、クッキングクラブの講師をすることになり。
マフィンも二度目なので、ほわほわ系のこっちにしてみようかな、と。
まだ先なので、あれこれフィリングで遊びつつ試作してみたい。
f0012338_13115026.jpg



                     レッスンも順調に開催中です☆

f0012338_1312140.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-14 13:28 | パン | Trackback | Comments(6)

ナディハウス ルヴァン課1-1

f0012338_12444944.jpg

失敗バゲット、でも載せちゃう。ネタないから(笑)
思いっきり「こん棒」 ちっくな焼き上がり・・・
成形もテキトーにしちゃうとだめですね。

でもね、中身はすごくよかった。しゅわしゅわ気泡。
クープが一本開かないのは、やっぱり蒸気が足りてないからかもね。。
ナディ友とのヲタ話はほんと、有意義です。ありがとう(笑)
f0012338_12445619.jpg


f0012338_12452223.jpg

さて、ナディハウスもついに終盤にさしかかってきました。
今回からルヴァン課に上がりましたよー。ってホント大丈夫か??
一回目は、正統派レシピのブリオッシュと、セーグルノア。

セーグルには、フォア・タイク法(前生地法)を使って。
生地量の25%を種にして、先に発酵過多の状態にしておきます。
風味アップ・日持ちする・発酵時間の短縮、安定の効果があるそう。
パンやさんでもよく使われる手法。
先に種を作っておけば、酵母より気楽に作れるかなー。
いつものクッペ型でなく、今日は、ざぶとんみたいな平たい成形。
発酵してくるとプックリかわいくなります。

f0012338_12453470.jpg


本来のブリオッシュは、甘くない生地。卵とバターが50%入るんだそうで。
とにかく扱いづらい生地。
バターを入れる時の生地温度にも要注意。
冷蔵発酵で、キンキンに冷やしても、手の熱でバターが溶けてくる。
まるでアイスみたい!
先生の手元を撮影したけど、どれもブレブレ(汗)
手刀で、ひょうたん型に伸ばしたら、土台部分を型にムギュー!!!と押しつけて(超・力いっぱい)、
首部分を押しこむようにして、形を固定する。
ここで、うまくできない、ってモタモタしてるとバターがどんどんダレちゃって・・・
結果、生地はあまりいじれないことに。。
首がすっきり収まっていると、焼き上がりもきれいな形になるはず。
頭ではわかっちゃいるけど!!

f0012338_1245401.jpg
f0012338_12455380.jpg

お料理は、バルサミコ風味のポテトサラダ。大人味。
しっかり粉ふきにするのが成功の秘訣?
シンプルなだけに奥が深いんだなー。
燻製たまごも、生ハムも、チーズ3種類も頂いて。
ドリンクは、ルヴァンからはアルコールが出るそうだけど
私はカシス果汁の炭酸割りを頂きました。

ブリオッシュは口どけが良く、こんなにバターが多いのに全然脂っぽくない。
脂がきちんと生地に入りこんでいるからですね。
セーグルも、パリっとした皮がとにかく美味しくて
中身は、しっとりもっちり。イーストっぽくない感じ!
ライ麦久しく買っていないので・・・ほんと、復習しないと(こればっかり)

f0012338_12461869.jpg


あまり多くは語らずに。。
[PR]
by assam-milk | 2012-06-11 13:54 | パン | Trackback | Comments(0)

レッスン風景

f0012338_1446221.jpg

レッスン風景。
この日の捏ねは、とてもスムーズで、私の助力も要らず。皆さんお上手でした。
ツイストをキープしたまま、型にいれるのはちょっと難しいかな?
レーズン嫌いな娘さんも、一個食べたよ!なんて聞くと
ほんと、教室やっててよかったなあと思います。
f0012338_1446415.jpg
f0012338_14465654.jpg

ホシノのバゲット。
奥の端っこがどーーーしても・・・開かないのね!この頑固ものめ!!
手前のほうが火当たりが強いみたいで、
途中で反転させたんだけど、コゲててびっくりした(笑)
もう、一本開かないクープが私のデフォでいいです。ほんとか。

お友達に話をきくと、東芝のオーブン使ってる人も結構居ますね。
ビストロに対抗すべく頑張ろう!(違)

↓長男時代からお世話になってる、Yこさんの名札あて。
もう職人の域です。すっごい上手。
ダンナには、習ってきて自分でも作りなよって言われるんだけど、
こういう細かい作業、私には絶対できません。
この名札あてとバゲット、物々交換となりました。いつもありがとう☆
f0012338_14471655.jpg


揚げ大豆、っていうのかな。給食のメニューにもあるみたいですね。
Tこさんが差し入れしてくれたんだけど、夕食のおかずの一品にと思ったら
あまりに美味しすぎて、自分で食べつくしてしまったという。
で、今日、レシピをぐぐって自作してみました。
でもなんか違うの・・・。Tこさんのほうが美味しかった。
缶詰の大豆を使ったのも敗因かなあ。
あと、甘辛いタレをからめるんだけど、
これもなんかイマイチだったな・・・。

ひとに作ってもらうごはんって、それだけで美味しく感じちゃうしね!

f0012338_1447825.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-06 15:13 | パン | Trackback | Comments(2)

バゲット二本

f0012338_10463961.jpg

微量イーストバゲ。
これは、温度と時間をレシピになるべく近づけて・・・
発酵足りないくらいがクープ入れやすいけど、そのぶんクープも裂けるし
中も詰まってしまうので
両方のバランスをとるのが、難しいです。
それで、なるべく毎回同じような仕上がりに持ってくようにするのがね。。

f0012338_10464750.jpg
f0012338_10465215.jpg

ホシノだとまた、生地の感じが違うので・・・
なんでだろう?一番目のクープが絶対、焼き固まっちゃう。
イーストより生地量多いせいもあるのかな。
あーもう、ほんと、分かんなーい!
ホシノなんてただでさえ、発酵にブレが出やすいのに。泣き言。

焼きの温度と時間は、これで良さそうなので
あとは、自分の慣れ次第ってことにします。
ハイスペック銅板入れれば、予熱も250℃で抑えられるし
いままでよりも予熱時間もぐっと短くなりました。
なにより部屋がムンムンしないのがいい(笑)
家電もどんどんエコになってますね!

f0012338_10465971.jpg



久々にお菓子作り!
ドロップクッキー。オートミールとカレンズ、アーモンド入り。
バター100gとかって久々に使った・・・。
バナナケーキも実はずっと食べたいんだけど、
バナナが黒くなる前に全部食べてしまう(笑)

以前はもっと、何も考えずに?好きな時にお菓子作っていたんだけど。
今は 消費のこととか、子どもウケのことが足枷になってる。。
誕生日のケーキくらいは、ちゃんと作らなくちゃね~。

このコーヒーを飲んだ後、キッチンで、
カップの上に空き瓶が落下してきて、カップが真っ二つに!!
がーーーーーん・・・ 超ショック。気に入ってたのに。
大震災でもほとんど割れたものが無かったのに、
最近自分のポカで割っちゃうものが多かったりします。ぐすん。
f0012338_15383659.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-04 15:46 | パン | Trackback | Comments(4)

コーンのフォカッチャ

f0012338_9395811.jpg

持ち寄りランチに持っていくパンは、
かなりの確率でフォカッチャになります!
切り分けるのもラクで食べやすいし、おかずにも合う。
そして、暑くなってくると焼きたくなるパン。
9月のレッスンは、毎年恒例の、○○フォカッチャになる予定です。
一昨年はトマトバジル、昨年は野菜のフォカッチャでしたー。

コーン入りも大好きなんだけど、子どもが食べないのでなかなか焼けない。。
そしてサラダにも、お豆とアボカド、スモークサーモンなど
普段の食卓では絶対出せないものを入れてます。



今朝もバゲット焼きました。
過熱水蒸気300℃予熱→6分焼き→ノーマル230℃15分。
2本焼きしたんだけど、これは手前側の。
奥にしたやつは、クープ全然開かないし
手前のは帯切れまくりだし、なんだかなー。
銅板入れるなら、やっぱり予熱は250℃にすべき?
熱の当たり具合とか、蒸気が入るタイミングとか
全然ナゾなまま焼いてます・・・。
もうちょっと頑張ってみよう。
f0012338_940440.jpg

[PR]
by assam-milk | 2012-06-01 09:48 | パン | Trackback | Comments(6)